InTheHymn_TV

毎月第4日曜日22:00〜 ライブ配信します。



2008年02月13日

お知らせ

2・21(木)キリスト品川教会の木曜ミニコンサートで演奏します。
http://www.gloria-chapel.com/cc/minikon.htm

お昼休みの30分、入場無料です。

曲目は、
  • Waltz for Debby [standard]
  • Make me a captive, Lord [讃美歌 第333番より]
  • In deep distress I cry to thee [讃美歌 第258番より]
など、スタンダードといくつか讃美歌を演奏する予定です。

ソロピアノです。

お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りください。
posted by NaoShine at 11:41| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

幼な児のようになれなかった我が心に (movie) 他

CD収録曲 “幼な児のようになれなかった我が心に” の音楽付映像と、ずいぶん前に録音した自作曲などを、myspaceにアップロードしました。

興味のある方は、一度ご覧下さい。
http://www.myspace.com/naokikosaka

posted by NaoShine at 01:21| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

お知らせ

x'mas2.gif

12・2(日)、キリスト品川教会主日礼拝にて演奏させていただきます。
アドベント第一週目です。

もうクリスマスの準備か・・・一年、早いなぁ。

posted by NaoShine at 07:26| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

“IN THE HYMN” 録音風景等

<CD制作現場写真>
kosaka003.png
録音場所のキリスト品川教会グローリアチャペル。

毎週日曜日の礼拝のほかにも、いろいろなコンサートなども行われています。
録音は5月の木曜日、夕方から翌朝にかけて行いました。

録音して、プレイバックして、録り直して、またプレイバックして・・・。結局、毎回朝帰り。

一緒に付き合ってくれたエンジニア・上山さん、本当にありがとうがざいました。
kosaka009.png
kosaka023.png
ピアノの背後に写っているのは、オルガンのパイプです。

グローリアチャペルには、立派なパイプオルガンが設置されています。
今回の使用楽器、スタインウェイのフルコンです。

録音日によって天候がまちまちだったのですが、名取さんの調律のおかげで、毎回ベストコンディションで録音できました。
kosaka054.png
kosaka107.png
調整室にて、上山さんと。

とりあえず、5月で録り終えて、6月から調整作業に入りましたが、これがまた大変でした。

同じものばかり何回も聴いていると、だんだんワケわかんなくなります・・・。

本人意識朦朧の図。

(写真撮影:杉田 博)  


posted by NaoShine at 05:54| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

謝辞

 CD“IN THE HYMN”発売から1ヶ月経ち、買って下さった方々から、「(家事・仕事などの)BGMとして、よく聴いているよ。」という感想を多くいただきます。
 このことは制作者として、光栄至極です。本当にありがとうございます。
 これからも、聴いて下さる方が、もっと身近で親しみ易く感じられる音楽を作れるよう、努力を続けます。

小坂直輝  

 9/16(日)キリスト品川教会・主日礼拝にて演奏させていただきます。只今、その準備をしています・・・。
posted by NaoShine at 09:01| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

“IN THE HYMN”録音データ等


Piano&Arrangement小坂 直輝
Engineer上山 剛志
Tuner名取 孝浩
InstrumentSteinway & Sons
Art Director杉田 博
Recording Dates10,17,24 May 2007
LocationGloria-Chapel,Christ Shinagawa Church
Mastering上山 剛志&小坂 直輝

只有感謝。

posted by NaoShine at 06:55| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

“IN THE HYMN”収録曲(後半5〜8曲目)について [サンプル音源あり]

image0035a.JPG

 “IN THE HYMN”

1.きみのたまものと 若いちからを5.こころを高くあげよう
2.こころみの世にあれど6.呼ばれています いつも
3.主のまことは 荒磯の岩7.いざやともに こえうちあげて
4.シャロンの花 イエスきみよ8.幼な児のようになれなかった
〜わがたましいのしたいまつる我が心に

  小坂 直輝(piano,arr)   2007年5月 キリスト品川教会にて録音


前半1〜4曲目については、前回の記事をご覧下さい。

5.こころを高くあげよう(讃美歌第二編 第1番)
Lift up your hearts!
作曲 Alfred Morton Smith



 この讃美歌には、詞・曲ともにシンプルだけれども、力強いものを感じます。
 (これは内輪話ですが)“こころを高く〜”を歌うと、まだ古かったときの教会で行われていた「指圧教室」を思い出します。そのテーマソングでした・・・。


6.呼ばれています いつも(讃美歌第二編 第83番)
STILL SMALL VOICE
作曲 高田三郎



 邦人の作曲家による讃美歌。日本のわらべ歌・子守唄にも通じるメロディーと、詩人 高野喜久雄氏による詞に、イマジネーションがかきたてられます。

7.いざやともに こえうちあげて(讃美歌第2番)
Now thank we all our God,with heart and hands and voices
作曲 J.Crüger



 礼拝、オルガン伴奏による会衆讃美、文語体の歌詞・・・。一般的な“讃美歌”というイメージにピタリとあてはまる、と言ったら間違いでしょうか?
 そのような原曲を、全く“讃美歌っぽくない”アレンジで。


8.幼な児のようになれなかった我が心に(水野源三の詩による讃美曲集“こんな美しい朝に”より)
INNOCENCE LOST 〜 A hymn based on the poetry of Genzo Mizuno
作曲 川口耕平



 8曲中で唯一、讃美歌(集)からの出典ではない聖歌です。
 この曲を知ったのは、青山学院大学聖歌隊が歌うのを聴いて、です。それ以来、この曲の詞とメロディーが、度々自身の中で思い返されます。
 原曲と違い、ジャズ・ポップスの曲のような編曲ですが、大事に演奏しました。
 諸条件によって、ここでの原詩の掲載は割愛いたしますが、ぜひ一度、お読みくださることを願います。

(以上 小坂直輝 記)  

 
 ピアノソロCD“IN THE HYMN”(ピアノ・編曲 小坂 直輝)

7月22日より キリスト品川教会にて発売中 ¥1200(税込)

 ※ご購入を希望の方はこちらから

posted by NaoShine at 23:50| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

“IN THE HYMN”収録曲(前半1〜4曲目)について [サンプル音源あり]

ジャケットinSPOT.JPG

 “IN THE HYMN”

1.きみのたまものと 若いちからを5.こころを高くあげよう
2.こころみの世にあれど6.呼ばれています いつも
3.主のまことは 荒磯の岩7.いざやともに こえうちあげて
4.シャロンの花 イエスきみよ8.幼な児のようになれなかった
〜わがたましいのしたいまつる我が心に

  小坂 直輝(piano,arr) 2007年5月 キリスト品川教会にて録音


1.きみのたまものと 若いちからを(讃美歌第二編 第188番)
Give of your best to the Master 
作曲 C.A.Barnard



 この原曲は、礼拝よりも、おもに集会などで歌った記憶の多い讃美歌です。
 ジャズワルツで。

2.こころみの世にあれど(讃美歌 第358番)
Be Thou my Vision,O Lord of my heart
曲 Ancient Irish Melodyより



この讃美歌の持つメロディーは、幼な心に“謎めいて”、魅惑的に響きました。
 「いにしえ」に思いを馳せながら。

3.主の真理(まこと)は 荒磯(ありそ)の岩(讃美歌 第85番)
God’s faithfuluness is the sure
曲 Hebrew Melodyより



 “ありそ”“げに”“まさご”・・・。最近になってやっと、歌詞の中の日本語の意味がわかりました。
 “Hebrew”は、ヘブライのこと。

4.シャロンの花 イエスきみよ〜わがたましいのしたいまつる(讃美歌第二編 第192番/讃美歌 第512番)
Jesus,rose of Sharon ~ The lily of the valley
作曲 [U- 192] C.H.Gabriel
[T- 512] J.R.Murray



 どちらの曲も“讃美歌らしからぬ(?)”柔らかなメロディーを感じます。
 雅歌 2-1にちなんで、2つの讃美歌をメドレーで。

(以上 小坂直輝 記)  

 後半5〜8曲目については、次回の記事で。

 
 ピアノソロCD“IN THE HYMN”(ピアノ・編曲 小坂 直輝)

7月22日より キリスト品川教会にて発売中 ¥1200(税込)

 ※ご購入を希望の方はこちらから

posted by NaoShine at 12:29| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

ピアノCD“IN THE HYMN”発売のお知らせ

ジャケット写真(大).JPG

 このCDは、教会の礼拝で演奏するために、讃美歌をジャズのスタイルで編曲したものから8曲選び、一枚にまとめたものです。
 讃美歌を知っている方はもちろんですが、讃美歌なんて知らないという方や、なんとなく“堅苦しさ”や“敷居の高さ”などといった抵抗感をもっている方に、ぜひ聴いていただきたいです。
 そして、これらの讃美歌の中に、なにか“身近で親しみ易いもの”を感じていただければ、何よりうれしく思います。

小坂 直輝 



[収録曲 ]

1.きみのたまものと 若いちからを
(讃美歌第二編 第188番)

2.こころみの世にあれど
(讃美歌 第358番)

3.主の真理(まこと)は 荒磯(ありそ)の岩
(讃美歌 第85番)

4.シャロンの花 イエスきみよ 〜 わがたましいのしたいまつる
(讃美歌第二編 第192番/讃美歌 第512番)

5.こころを高くあげよう
(讃美歌第二編 第1番)

6.呼ばれています いつも
(讃美歌第二編 第83番)

7.いざやともに こえうちあげて
(讃美歌 第2番)

8.幼な児のようになれなかった我が心に
(水野源三の詩による讃美曲集より)



7月22日よりキリスト品川教会にて発売中   ¥1200(税込)

ご購入を希望の方はこちらから


posted by NaoShine at 06:58| CD関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。